日本語 or English
   


震災後の心身の不調を癒し身を守る!

2011年3月11日。東日本大震災が起こってそろそろ4カ月。
心身の不調を訴える方が急増しています。

それは、大地が大きく揺れ動いた振動により湧き上がってきた、
地中深くに潜んでいたマイナスのエネルギーの影響を受けているからです。

マイナスのエネルギーには、霊的な存在も含まれ、
特に今心身の不調を訴えている方は、
この霊的影響を受けていることが多いのです。

医師に相談しても原因が見つからず、
震災のストレスという診断以外見つからない。

そういった方は、霊的な影響(憑依)を受けている可能性がとても大きいのです。

身体に起こっている症状改善のためのお薬の処方はできても、
原因となっている霊的な影響に関する問題は、
医師に相談してもわからないのは仕方ありません。

宇宙エネルギー研究所には、さまざまな癒しのプロの方々
(ヒーラーさん、霊能者さん、セラピストさん、治療師さんなど)
がいらっしゃいますが、最近プロのみなさんが口を揃えて必ずおっしゃるのが、
霊的な憑依の問題です。

少々オカルト的な話になるかもしれませんが、
避けられないことなのでご説明いたします。

ここからは、信じられない方は夢物語として読んでください。

土地には、天界(天国、神界、光の世界、プラスエネルギー)とつながっている、
幸運をもたらすパワースポットのような土地「イヤシロチ」と、
魔界(地獄、闇の世界、未成仏霊や自縛霊の溜まり場、マイナスエネルギー)
とつながっている不運を呼ぶ土地「ケガレチ」というのが、あります。

私たちが生きている土地は、何千年、何億年という歳月を経て、
様ざまな地層が堆積して出来ているだけではなく、
目には見えないエネルギーも蓄積されています。

まるで磁気のように記録されているのです。

その土地が、プラスのエネルギーに満ちたイヤシロチなのか、
マイナスのエネルギーに満ちたケガレチなのかによって、
受ける影響で、幸・不幸、運・不運などが大きく左右されます。

つまり、運命が左右されてしまうのです。

長い年月の中で、その土地で命を落とした人々や生き物もいます。

その命が天へと帰れずに、もし迷っていたとしたら、
その土地に自縛霊として留まってしまうこともあります。

その土地の上にさらに別の地層が重なり、またその上に重なり・・・と、
その繰り返しによって、地中深い場所に、
迷った霊が存在したままになっているケガレチがたくさんあるのです。

本来、霊的な存在というのは、肉体を持った私たちとは違い、
自由に動けるはずなのですが、迷って土地に留まっている霊は、
その場所に執着します。

その結果、長い年月とともに、地中深くに留まることになり、
それらが放つマイナスの波動が、
その土地を魔界とつながったケガレチにしてしまうのです。

そうなると、波動共鳴の法則により、
同じような波動をもつ霊的な存在もそのケガレチに引き寄せられ、
さらにマイナスエネルギーの強いケガレチになってしまうのです。

生きている人間も、同じ波動を持つと、当然ケガレチに引き寄せられます。
自殺の名所などは、おそらくこのような波動になった土地なのでしょう。

自殺の名所までひどくはなくても、
先祖代々の因縁や、土地の因縁によって、
エネルギー的にはケガレチに近い土地に住まわれている方は、
その影響を受けて、様々な問題に悩まされてしまいます。

それを改善する方法のひとつが、地場修正です。

宇宙エネルギー研究所が行なう地場修正は、
ケガレチをイヤシロチに変える方法ですが、
ある視点から見ると、土地に埋もれている霊を天へと返す作業とも言えます。

通常、このように土地に留まった霊は、
独特の執着心から、その場所から動くことは少なく、
その土地に住んでいる人、土地に縁のある人、
その土地に入ってきた人に憑くのが一般的です。

しかし、今回の大規模な震災の影響で、
日本全国の大地に、揺れによる振動が伝わり、
通常なら地中深くにいるはずの霊的な存在や、土地に留まっている霊的存在が、
地上へと噴出したり、刺激を受けて動き出したりしています。

救われたがっている彼らは必死になって、誰か自分を救ってくれそうな人や、
自分と波動が同調しやすい人を探して憑いてしまいます。

今、原因不明の心身の不調に悩まされている方は、
このような霊的な影響を受けている可能性があるのです。

ですから、必要なのは、そういったマイナスの影響を受けないように、
自分を守ることです。

震災のストレスなどで精神状態がマイナスになっていると、
どうしてもマイナスのエネルギーと波動共鳴しやすくなってしまいます。

「魔が差す。魔が入る」という言葉があります。
読んで字のごとく、
マイナスのエネルギーはちょっとした心の隙間に入り込んできます。

多少自分の気持ちがマイナスになっていても、
プラスのエネルギーで自分を包み込んであげれば、
それがバリヤーとなって守ってくれます。

その役割を持っていたのが、「お守り」だったのです。

しかし、今現在、お寺や神社などの売店で売られている「お守り」は、
そのほとんどが利益目的の安いお守りで、微弱なエネルギーしかなく、劣化し、
マイナスエネルギーや霊的な悪影響から身を守ることは困難です。

必要なのは、常にプラスのエネルギーを放射して自分を包み込んでくれるもの。
しかも、レベルの高い高波動のエネルギーを持ち、劣化しない「お守り」です。

「母がくれたお守りが、自分を救ってくれた」・・・。
という話を聞いたことがある方もいらっしゃるでしょう。

これは、子供を想う母親の強い想いが、
子供を守るエネルギーとなってお守りに封入されたことによる結果です。

母が子を想う愛情というエネルギーは、それほどに強いものなのです。

しかも、見返りを求めず、
ただひたすら子供の無事を祈るという無償の愛から生じる想いは、
とても高い次元のエネルギーを生み出します。

つまりレベルの高い、高波動のエネルギーです。

そうした、高波動エネルギーだからこそ、
子供を危険から守ることができるほどのパワーを持った「お守り」になるわけです。

このような、高波動のエネルギーをもたらすものを身に着けることで、
誰もが簡単に身を守ることができます。

それを可能にしたのが「お守り奇瑞(きずい)」です。

浄化と活性化の作用により、心身の不調を癒して楽にしてくれます。

さらに高波動のエネルギーでオーラを強化することで、
あなたをマイナスエネルギーからしっかり守ってくれます。

また「お守り奇瑞」には、
宇宙のリズムとの調和をもたらすメビウスエネルギーも充填されています。

宇宙は、無限の豊かさ、平安、調和、愛、パワーに満ちています。

宇宙のリズムと調和することで、あなたの中にやすらぎと調和が広がり、
徐々に、安心感、ゆとり、豊かさ、パワフルさなどが身についていきます。

自然と幸運を引き寄せられる体質にも、変化していきます。

マイナスエネルギーは、オーラが弱っていると、
そのオーラに付着して入り込んできます。

弊社が、高波動・浄化水「光のしずく」を開発し、
毎日の生活の中で、オーラの浄化と保護、輝く美しいオーラ作り、
オーラ強化を日課にすることをオススメするのは、こうした理由からです。

オーラを輝かせて強くすれば、プラスのエネルギーと波動共鳴できます。

その結果、マイナスエネルギーの影響から、身を守ることが可能になるのです。

「お守り奇瑞」ができたおかげで、「光のしずく」が使えない時でも、
常に自分の身を守ることができるのも大きな魅力です。

海、川、雨など、
地球上に存在する水には、浄化のパワーが宿っています。

「光のしずく」は、水が本来的に持っている浄化力を、さらに高めたものです。

「お守り奇瑞」は、パワーを常に放射して保護するという働きに長けています。

「光のしずく」と「お守り奇瑞」。

このふたつのグッズの活用によって、
マイナスエネルギーに振り回されずに、正しい道を歩み、
自分の魂の目的や使命を果たすために、私たちが今直面しているこの難局を、
よりスムーズに乗り越えるサポートが得られるでしょう。

「お守り奇瑞(きずい)」の詳細はこちら
http://5369.shop-pro.jp/?pid=32245068


「光のしずく」の詳細はこちら
http://5369.shop-pro.jp/?pid=25039796


UP

   Copyrights 2009 , 宇宙エネルギー研究所